マレーシアのバラマキ土産は「BOH TEA」を全力でオススメしたい5つの理由!!【買い物】

こんにちは!マレーシアグルメはフライドチキンが最強だと思っているjudi(judi_jp)です。


マレーシアと言えばコピコーヒー ホワイトコーヒーのイメージが強いですが、有名なお茶ブランドがあるってご存知でしたか??

今回はマレーシアブランドの「BOH tea」の魅力をご紹介させていただきます。マレーシアでまとめ買い間違えなし!


1.箱がゴージャス!かつカラフル

湿気などから守るためか透明なフィルムで包んであります。フィルムを外すとキラキラした金色の装飾がある箱が出てきます。

とってもカラフルで綺麗なのでテンションが上がります

2.高級ホテルでも使用されている。

今まであまりホテルのミニバーの紅茶を意識した事ってなかったのですが、たまたま今年に入ってから泊まったホテルが立て続けにこのBOH tea を置いていました。

ウエスティンホテル(恵比寿)
JWマリオット(クアラルンプール)

格式高いホテルに置いてあるくらいのお茶なので、お土産にベストです。

3.たくさんのフレーバーがあります

マンダリンレモン(lemon with mandarin)

ライムジンジャー(lime and ginger)

パッションフルーツ(passion fruit)

アールグレイ(earl gray with tangerine)

カモミール(camomile)

ちなみに日本ぽいパッケージの緑茶もありました!

4.スーパーで簡単に手に入る。


大抵のスーパーで購入する事が出来ます。
一方で日本ではなかなか手に入りません。

私が購入した事があるのは以下のスーパーです。
Cold storage
Groceria
スーパーは朝早くから夜遅くまで営業しているところが多いので帰国前に駆け込みで買い物するのに助かります。

また、もちろん値は張りますが空港ではスーパーでは見かけない特別パッケージのデザイン缶に入ったものが売られていました。


5.値段が安い

お値段はなんと1箱 9.30リンギット(約256円)
高級ホテルのお墨付きなのでもらっても嬉しい上に、価格もお手頃!
ただ紙の箱に個装されているので重くないのですが、買えば買うほど荷物はかさばるのが難点です。かといって箱は綺麗なので潰したくないし。。というジレンマ
1つの箱に20パックが入っています。

味の感想

フレーバーティーなので全体的に香りが強く味が薄いのですが個人的にはパッションフルーツが一番好きでした。フルーティな香りです。

最後に

いかがでしたか?
実際に友達にお土産に渡したところ職場で飲むのにぴったり!と喜ばれました。

フルーティな飲みやすい紅茶なので男女問わず喜ばれるお土産だと思います。
マレーシアのお土産で悩まれている方は是非スーパーへ行ってみてください!

この記事が誰かの役にだったら嬉しいです



ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です