TOEIC再受験とスコア発表!!日常でできる75点アップした方法【TOEIC】

今回は春受験の某資格が落ちてしまったためちょっと前になりますが気分転換にTOEICを受験してみました。
今回は2年ぶりの受験となりましたがかなり点数に変動があったので振り返ってみたいと思います。

受験の目的は

受験の目的は単純に現在の自分のスコアを把握したかったからです。
やはりスコアがある程度仕事の幅も広がりますし、自分の英語に自信も持てるようになると思いました。

今回の結果

お恥ずかしいのですが今後の自分の成長のためにも点数を晒します。

今回のスコアは615点でした
ごく一般的な点数ですが600は超えたいと思ってたのでまずは第一歩を踏み出した!と思います。

f:id:judi_jp:20180728153041j:image
なぜなら前回は540点だったからです。75点もスコアUPです!!

試験対策方法

実は今回試験の対策はゼロでした。
f:id:judi_jp:20180801091548j:image

勉強時間が取れなかった理由

受験に当たって勉強が出来なかった理由としてはTOEIC以外の資格取得の勉強があったのと趣味の旅行に忙しいからです 笑
週末や連休は旅行の予定を入れてしまっているためなかなか時間がとれませんでした。

NOVAに通った成果?

とはいえ一応NOVAに所属しているのですが、TOEIC講座を受けたのは一回だけ。

なのでNOVAは真剣に毎週通えば何か変わるかもしれませんが、私はそこまで使い倒せていないため今回のスコアの伸びは”現時点では”NOVAとは関係ないと思います。

なぜスコアが伸びたのかを分析

さて長くなってしまいましたが、この2年でどうやって鍛えたか思い返してみると【業務で日常的に英語を使う】【海外ドラマをみまくる】【旅行にいきまくる】という3つが思い当りました。

1.業務で日常的に英語を使う

更に去年は特にアクセントの強いお国の方とのコミュニケーションが必要で、一日英語しか使わないなんて日もありました。長期で英語圏留学などはしたことがなかったのですがこんな環境に投げ入れてくれた会社にありがとうと言いたい。

2.海外ドラマをみまくる

ポイントは日本語字幕で見ることです!!

海外ドラマは好きなので昔からよく見ていましたが最近見たのは以下。

  • Game of Thrones
  • Westworld
  • Torchwood
  • Doctor Who
イギリスの役者さんが出ているものが多かったと感じます。好きなドラマは飽きる程に何度も繰り返してみました。私が学生時代から使っているのはこちら↓


おかげでイギリスなまり、アメリカなまり?いろんなアクセントでも聞き分け対応が可能になりました。一番のお気に入りはJenna Colemanが出ていたころの”DoctorWho”です。

なぜなら彼女のファッションが毎回とってもかわいくて、、、(今は日本に無きイギリスブランドTopShopで揃えているそう)

3.旅行にいきまくる

コスメ、アイドル、車などいろんな趣味の方いらっしゃると思いますが、私の場合は”旅行”が趣味です。

この3年の間に行った国はざっとこんな感じ
2018:上海/マレーシア*2回/北京/ハワイ/アメリカ本土
2017:タイ/上海/香港/マレーシア*3回/アメリカ/シンガポール/北京/ドイツ

もちろん出費は大きいですがそのために仕事をがんばれますし、何より視野が広がります。

完璧じゃなくていいんですよね英語という共通語を知っているだけで知らない国の人とコミニュケーションとれるなんて素敵ですよね

苦手分野

リーディングは昔から苦手です。

特に時間配分などを一切考えていなかったため残り30分というところでまだ3分の1しか解き終わっていませんでした。
結果は思った通りだったのでもう少し効率よくリーディングの問題を解けるコツを次回受験までに鍛えていきたいなぁと思っています。

さいごに

いかがでしたかー?

これが私の点数アップ法でした。海外ドラマは展開が早いので面白いですし、気軽に取り入れられる方法なのでオススメです!!

この記事が誰かの役に立ったら嬉しいです!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です