旅行のついでにコスメを爆買い?!空港免税で購入するメリット、デメリットや差額について【CHANEL】

こんにちは。 旅 と コスメ の浪費家 judiです

免税店を利用すると国内の価格よりもお得に購入することができちゃいます。

日本国内で購入するよりもとってもお得な免税店について、どのくらいお得なのかまとめてみました

免税で購入するメリット、デメリットまとめ

今回はシャネルのハイライト【ボームエサンシエル】で比較します。

差額は

なんと旅先である上海市内のシャネルで購入するのと空港免税で購入するのでおよそ2000円の差がありました。
マレーシアに行った際に確認した値段追記しました。

現地価格 日本円価格
日本国内価格 5500円+税 5940円
日本免税価格 5200円 5200円
上海国内価格 400元 6436円
上海免税価格 287元 4557円
マレーシア国内価格 MR171 4500円
マレーシア免税価格 MR171 4500円

マレーシアは街中と免税店で値段が同じです。街中の店舗ではラッピングなど通常通りもしてもらえるのでおススメです。

ラッピングは何が違う?

これは決定的な違いでした。免税店の場合以下左のようにビニールで簡易的に包まれるだけでしたが現地のデパートではしっかりとシャネルのショップ袋に入れてくれます!

左:現地(中国)免税購入

右:現地(中国)デパート購入

会員証やポイントカードが使えない

日本国内のデパートなどでよく購入される方は、カードに購入履歴を残して貰ったりしていると思います。例えば羽田空港のデパ地下コスメショップでカードを使用することはできません。そのため履歴を残すことやポイントの加算などはできません

店舗の雰囲気

免税店の場合ラグジュアリーな雰囲気があまり無いです。買い物の時の雰囲気重視の方は少し物足りないかもしれませんね

左:現地(中国)免税

右:現地(中国)デパート

表記が現地のものに書き換えられる

製造元などは全て同じだと思うので使ってしまえば気にになることではないと思いますが、パッケージ裏の成分の詳細は現地のデパートで購入した場合そこの言語で書かれたシールが貼られています。

空港免税であれば輸入したままの状態で成分量などもそのままのようです。

左:現地(中国)免税購入

右:現地(中国)デパート購入

レアものが手に入る

日本国内でとっても品薄な商品や限定品などを免税なのでお得に購入することが出来ます!

Diorだと前年のクリスマスコフレの8208円のリップパレットが空港で7000円で販売されていたり。。

さいごに

いかがでしたか?

値段だけではなく、珍しいものが置いてあったりする免税店。海外旅行に出かけるときにはぜひ活用していきたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事が誰かの役に立ったらとてもうれしいです。
このブログでは都内勤務のOLがコスメや旅行について色々書いてます!
Twitterのフォローやブログのブックマークしていただけるととっても嬉しいです!励みになりますのでよろしくお願い致します!

(TABI:judi_travel) (COSMETICS:judi_cosmetics

分からないことや質問があればTwitterからDM頂ければお答えします!お気軽にどうぞ^^